ライスフォースの良い口コミ・悪い口コミまとめ

 

ライスフォースの口コミ 良い・悪い別まとめ。上質素材の肌を目指すアラサーのあなたへ!

 

 

数ある保湿系化粧品の中でもアラサー世代に特に支持が高いライスフォース。

 

 

ライスフォースは難しい年齢のこんな肌に抜群の効果があるんです!

 

 

最近夏でも頬に乾燥したようなちりめんジワが出ている

生理前にできたニキビや炎症が治る頃には次のトラブルが発生している

痩せていないのに頬の肉が落ちた

 

 

これまでのように放置していてもいつか治ると思っていたこんなトラブルは、アラサーになると勝手には治ってくれません。

 

こんなサインに気付いても、ライスフォースならおばさん肌突入を防ぐことが出来るんです!

 

 

このサイトでは、そんなライスフォースの口コミを「良い・悪い」別にまとめてみました。

 

 

http://www.riceforce.com/trial/

 

 

 

 

ライスフォースは口コミでも高評価!どんな人に合う??

 

20代後半からの「おばさん肌慢性化」を防いでくれるライスフォース。

 

アラサー世代の支持を受け続けているライスフォースの口コミは
様々なところで目に耳に入ってくると思います。

 

ここでは良い口コミと悪い口コミを分析し、
どういう人が肌改善を感じることができるのかまとめてみました。

 

 

 

良い口コミ…肌の質が上がる!その理由は?

 

ライスフォースは人気商品のため、口コミも膨大な量です。

 

楽天やヤフーショッピング、アマゾンなどの口コミから、
よく見る良い口コミを抜粋してみました。

 

 

「万年乾燥肌が治る!」

 

乾燥に効果が高いという声多数でした。

 

「中から潤っているのが翌朝わかる」
「次の日から肌がうるうるになる」
「結局私の重度の乾燥肌を直してくれるのはこれだけ」

 

という声がありました。

 

 

「肌トラブルがすぐに治る!」

 

肌トラブルがセーブされるという意見が本当に多かったライスフォース。

 

 

中でも多かったのが、

 

「ほかの化粧品に変えたらトラブルが出た」、
「普段はほかの化粧品を使っているけれど、肌が荒れるとライスフォースに戻ってくる」

 

 

特に多かったのが

 

「生理前の肌トラブルが出ない・おさまる」

 

という声でした。

 

 

「ハリが出る・毛穴が目立たなくなる!」

 

肌トラブルが治るという声と同じくらい多かった具体的な効果がこちらです。

 

「プリッと張った自分のほっぺを触るのは何年ぶり?」
「肌の中身が詰まったもちもち感がして、毛穴が目立っていた範囲が狭くなってる!」

 

など、若返ったような肌になるとの口コミも多数ありました。

 

 

 

悪い口コミ…脂性肌には合わない?真相は?

 

こちらも良い口コミ同様、多かった口コミや多かった口コミを抜粋していきます。

 

悪い口コミが少ないライスフォース、満足できなかった人はどんな人なんでしょうか。

 

 

「値段が高い」

 

「値段が高いので違う化粧水に浮気。で、すぐにこれに戻ってくる」
「単品で購入すると高い!続けるのはちょっとしんどいのでトラブルの時用にちびちび使っています」
「トライアルを使ったら使用感が良かったので本品を購入。でも高い…」

 

などという声が悪い口コミではダントツでした。

 

 

ただ、「でも買う」「いいけど高い」という口コミがほとんどで、
中でも多かったのが「結局帰ってくる」というものでした。

 

 

「ライン使いするとべとつく」

 

「乾燥肌とは言え、ライン使いはベタつきます」
「ライン使いしたらニキビが出た」
「重度の乾燥肌でもなければローションだけで十分潤う」

 

という意見もありました。

 

脂性肌の人や普通肌、混合肌の人ならライスフォースのローションを
100%オイルで蓋するくらいでスキンケアが完成するようです。

 

ですから実は、美容液、乳液…と使っている人にはコスパが良いのかもしれません。

 

 

 

ライスフォースをおすすめしたいのはこんな人!

 

ライスフォースのクチコミをまとめていると、特徴的なことに気付きました。

 

それは、良い口コミをしているのは30〜35,6歳の方で、
悪い口コミをしている人には20代の方が多いということでした。

 

@cosmeで口コミを投稿している人の分布図を見ても、
20代後半から30代前半の人が最も多くなっています。

 

ライスフォースはアラサーの肌におすすめということがわかりました。

 

 

最近頬の毛穴目立ってませんか?アラサー肌の見えざる変化…

 

ライスフォースを支持するアラサーの肌に特徴的な
トラブルや変化とはどういうものなのでしょうか。

 

あまり自覚のある人は多くありませんが、実はアラサー世代の肌は、
思春期の肌や更年期の肌と並んで難しい肌
なんです。

 

女性ホルモンも安定しているはずのアラサーの肌が問題を抱える理由をお話していきたいと思います。

 

 

20代後半から訪れる肌の不調、放置していると慢性化します

 

30代前後の女性を肌トラブルの慢性化に陥れるのは、実はスキンケアの罠なのです。

 

ずっと年上の女性は口を揃えて「30代に入ると肌はぐっと老化する」ということを言います。

 

 

これも実は真っ赤な嘘で、アラサーの肌は妊娠や出産の時期以外は
それほど大きく女性ホルモンの変動がなく、思春期や更年期に比べると安定しているのです。

 

 

ではどうして多くの人が30代になって急に老けたと感じるのでしょうか。

 

 

それは、20代からの肌老化がとても緩やかなことに原因があるのです。

 

20代の頃はほとんどスキンケアをしなくても、人生で最も美しい肌を保つことができます。

 

これは女性ホルモンの分泌が、18歳をピークに25,6歳までずっと高いままでいるからなのです。

 

もちろんそこからは緩やかな下降線を辿って、更年期を境にぐっと幼少期頃の値にまで下がってしまいます。

 

 

ただその下降線は、アラサー頃には気づかないほど緩やかなので、
自分の肌がゆっくりと潤いを失っていることに気づかない人が多いのです。

 

「20代の時には直ぐに治って消えていたニキビ跡が、すでに1年以上残っている」

 

そう感じたら、それはもう初期のシミになってしまっています。

 

 

30代の肌は、20代とは違うということをいち早く気づくことであまりにも大きな差がつくのです。

 

 

 

アラサーの肌をおばさん肌に発展させないために必要なこと

 

アラサーの肌には、20代とは違う丁寧なスキンケアが必要ということはわかっていただけたと思います。

 

では具体的にどんな対処が必要なのでしょうか。

 

 

その鍵はやはり女性ホルモンにあります。

 

肌の老化は女性ホルモンが減少することが最も大きな要因となります。

 

 

女性ホルモンが減少することによって引き起こされるのは、保水力の低下です。

 

肌表面の水分保持の8割を担っているのが細胞間脂質と呼ばれる油分です。

 

 

女性ホルモンの減少により、細胞間脂質は少しづつ生み出されにくくなってきます。

 

細胞間脂質の6割を占めるセラミドは、幸い体の外からの補填が可能です。

 

 

また、細胞間脂質を構成する中でセラミドの次に多くを占めるのがコレステロールですから、アラサーになっての無理なダイエットは肌にとっては命取りになります。

 

 

 

ライスフォースならアラサーからの長引く肌不調、慢性化させません

 

ライスフォースが30歳前後の女性に高く評価される秘密はライスパワーNo.11という成分にあります。

 

これは数ある薬用化粧品の有効成分の中で唯一「水分保持能の改善」という効果を厚労省に認められた成分で、米ぬかスフィンゴ糖脂質というセラミドを産生します。

 

さらに抗炎症効果のあるグリチルリチン酸も配合されているため、すでに出来てしまったニキビなどの炎症をも抑えることができ、シミやシミの原因を抑えます。

 

アラサー肌のサインに気づいたら、いち早くライスフォースをはじめて、30代からの肌に差をつけましょう!

 

 

http://www.riceforce.com/trial/